2013年3月24日日曜日


激安の香水売り場はこちら

Molton Brown香水「Lijiang」レビュー。ほのかな甘さのホワイトティー。

Molton Brown(モルトン ブラウン)の香水、「Lijiang(リジアン)」レビュー。
やさしげなホワイトティーの香り。


< 画像参照:Molton Brown London公式サイト様より >



香水「Lijiang」のメインはホワイトティの優しい甘さ

こちらはピンクベリーから始まり、若い子向けのカジュアルなものかと一瞬思いますが、
すぐにメインのホワイトティーが優しくふわっとした甘さを出してきます。
そのままオスマンサスの甘さにつながるため、全体的に優しくほのかに甘い印象。

ホワイトティーが全体の甘さを抑え、ベチバーが雰囲気をより落ち着いたウッディへと調整しています。
つけたての頃とラストノートでは印象が大きく異なる香りです。
できれば肌に乗せて一日香りの移り変わりを楽しんで欲しい逸品。
これはさすがに女性向けかな。

調香はこちらもJennifer Jambon(ジェニファー ジャンボン)氏。

トップはピンクベリー、ベジタルノート。
ミドルはスマンサスフラワー、ホワイトティー。
ラストはホワイトムスク、べチバー。

なおホワイトティーとは言わずと知れた中国の有名なお茶ですね。



参考…他にもホワイトティの香りがあります

お茶といえば思い出すのがブルガリ。
ホワイトティーベースの香りもやはり出していて、
「Eau Parfumee Au The Blanc(オ パフメ オー テ ブラン)」という作品になります。

こちらは今から10年前の作品です。
Lijiangよりもシトラスが利いていて、もっとカジュアルで香りが少し薄い印象です。
生ける伝説の調香師Jacques Cavallier(ジャック キャバリエ)氏が調香を担当しています。
キャバリエはやはりほのかな甘さを出すのがうまい人ですね。



Moloton Brown(モルトン ブラウン)の香水レビュー

Molton Brown(モルトン ブラウン)香水「Singosari」レビュー
Molton Brown(モルトン ブラウン)香水「Lijiang」レビュー
Molton Brown(モルトン ブラウン)香水「Valbonne」レビュー
Molton Brown(モルトン ブラウン)香水「Apuldre」レビュー
Molton Brown(モルトン ブラウン)香水「Iunu」レビュー

0 件のコメント:

コメントを投稿