2013年2月27日水曜日


激安の香水売り場はこちら

Lanvin の香水、2013年謎の新作、「Lanvin Me」

Lanvin(ランバン)の香水、2013年新作、「Lanvin Me(ランバン ミー)」。



ほとんど情報が出ていませんが、どうやら女性用のようです。

調香師はDomitille Bertier(ドミティーユ・ベルティエ)、
クロエやダビドフで活躍した女性です。

本作「Lanvin Me」は花占いっぽい名前ですが、
ネーミング的には「Dior me, Dior me not」を彷彿とさせます。

その花占いを模した名前と、ボトル画像から察するに、フローラルブーケの予感。

現在Allure Magazineに掲載されただけの様で、2013年の5月にリリース予定。
日本発売はまだアナウンスされていません。

画像の参考:http://www.mimifroufrou.com/scentedsalamander/2013/02/lanvin_me_2013_new_perfume.html

激安の香水売り場はこちら

Christian Diorの香水、2013年エレガントな新作レディース、「Dior Gris Montaigne」

Christian Dior(クリスチャン ディオール)の香水、2013年エレガントな新作レディース、「Dior Gris Montaigne

用途:夜用、パーティ用


< 画像参照:The Scented Salamander様より >



香りについて

シプレータイプで、エレガントな雰囲気ですが、
なつかしさを携えた逸品になりそう。

ベルガモット、マンダリン、からローズとジャスミンが中心のクラシックなフローラルブーケに移ります。

最後はパチュリ、アンバー、シダーウッド、サンダルウッドという、
これ以上ないエレガントさが出てきます。

夜用、パーティ用の香りとしてお使いください。



調香師

調香師はFrancois Demachy(フランソワ・ドマシー)。
直近ではGivenchyのDAHLIA NOIRの調香を担当した人です。

激安の香水売り場はこちら

Calvin Kleinの香水、2013年新作、Dark Obsession for Men

Calvin Klein(カルバン クライン)の香水、2013年新作、Dark Obsession for Men(ダーク オブセッション フォー メン)

かなりオリエンタルな作品になります。
カジュアルな香水に飽きた方、
夜の香りをお探しの方はぜひ




ブラジルのグリーンマンダリン、ガラナ、アブサン (ニガヨモギで味をつけたリキュール)から香りがスタート。

やがてクラリセージ、モミの木、ホワイトべチバーなどハーバルでウッディな香りに移り、
最後はバニラ、ラブダナム、スエードの香りで落ち着きます。

香料を見る限り近年珍しいほどのオリエンタルな香りになりそう。
初代オブセッションがトニック的なオリエンタルの元祖でしたが、
こちらもしばらくはモダナイズされたオリエンタルの代表になりそうですね。

日本発売は…まだアナウンスされていません。

画像はこちらから:
http://www.mimifroufrou.com/scentedsalamander/2013/02/calvin_klein_dark_obsession_fo.html


※Calvin Klein2013年他の新作は、こちら。
CK One Shock For Him Street Edition(メンズ版)。

CK One Shock For Her Street Edition(レディス版)。

2013年2月8日金曜日


激安の香水売り場はこちら

香水売り場のおすすめまとめ(東京都内)

香水売り場のおすすめまとめ(東京都内)


東京には香水売り場としてレベルの高いお店が多数存在します。
私がぜひ行ってみて欲しいお店を、ピックアップしました。
男性・女性どちらも行けます。

1.伊勢丹新宿店 本店


大きな地図で見る

日本の中では間違いなくトップの香水の品ぞろえを誇ります。
メゾンフレグランスを始め、高級フレグランス多数です。
香水好きの間でも有名。

人気のLelabo(ルラボ)を始め、Bond No.9(ボンドナンバーナイン)など、
メゾンフレグランスの雄が多数です。
日本ではまず見る事のなかった「D.S.&DURGA」まで置いてあって驚きます。

また5階にはステキインターナショナル社が日本の販売権を持つ、
ディフューザーで有名な「DAYNA DECKER(デイナデッカー)」があります。

私は2003年から通っていますが、この10年で商品ラインナップがあまり変わっていない気がします。
全体的に取り扱いしている商品数は増えています。

…と日本が誇る伊勢丹新宿本店ですが、難点もあります。

一番の難点は、香水の売り場が複数のフロアに分散していてわかりにくい事。
さらに最近、一部売り場が移動しています。
初めて行くなら、1階の売り場がベストです。

新宿伊勢丹店の、香水・フレグランスキャンドルのブランドリスト
・annick goutal(アニックグタール)
・Aquiesse(アクイエス)
・Clean(クリーン)
・Jo Malone London(ジョー マローン ロンドン)
・DAWN Perfume(ダウンパフューム)
・diptyque(ディプティック)
・D.S. & Durga(ディーエス & ダーガ)
・Floris(フローリス)
・Les Parfums De Rosine Paris(パルファン ロジーヌ パリ)
・Penhaligon's(ペンハリガン)
・Bond no.9(ボンド ナンバーナイン)
・Maison Francis Kurkdjian Paris(メゾン フランシス クルジャン パリ)
・L'artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム)
・Le Labo(ルラボ)
・Robert Piguet(ロベール ピゲ)
・Parfums Honore Des Pres(パルファン オノレ デ プレ)
・Carthusia(カルトゥージア)
・Keiko Mecheri(ケイコ メシェリ)
・Max Benjamin(マックス ベンジャミン)

2.伊勢丹新宿店 メンズ館

こちらは1.の伊勢丹新宿本店と続いている分館です。

1階にはSanta Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ)を始め、
Frederic Malle(フレデリックマル)など、これまた著名なブランドが売られていて、試香できます。
素晴らしい品ぞろえです。

また、たまにエルメスの新作など、
普段置いていない商品がキャンペーン的に並ぶ事もあります。

本館と比べて、フロア自体広くないため、わかりやすいです。

フレデリックマルだけ少し離れて奥まった場所にありますので、注意してください。


3.バーニーズ ニューヨーク新宿店
伊勢丹と同じ新宿にありながら、取扱う香水ブランドは伊勢丹とは異なるレアなメゾンフレグランスも多数見られる。必見。
・アエデス デ ヴェヌスタス
・アニックグタール
・ボート デュ サエ
・クリード
・ディプティック
・ドットール ヴラニエス
・エクス ヴォート
・イル プロフーモ
・ラルチザン パフューム
・パルファン ロジーヌ パリ
・ペンハリガン
・ルート デュ テ
・トッカ


4.阪急MENS TOKYO(有楽町)


大きな地図で見る

有楽町駅すぐの、阪急MENS TOKYO。
ここは売り場自体はさほど大きくありませんが、
目玉は何と言っても、Tom Fordのメンズフレグランスがあること。

Tom Fordなんて、ほんの少し前までは海外ECでしか買えなかったんですよ。
香料にマツタケを使用してしまうような、
香水業界全体見てもそうそうないぶっ飛んだプロダクトを揃えたブランドです。
これだけのために行ってもいいぐらい。


5.銀座三越


大きな地図で見る

銀座三越は2010年9月にリニューアルをし、
メゾンフレグランス売り場を全面に押し出した構成で世間を驚かせました。

品ぞろえはLelabo(ルラボ)やJo Malone(ジョーマローン)など、人気ブランドがそこそこあるイメージです。
個人的に好きなLelaboのOUD27がなぜか置いていないなどありますが、立地が良いため4位です。
なんだかんだで良く行きます。

ちなみにご注意頂きたいのですが、
店員さんのアグレッシブさがものすごいです。

全店舗比較して、最も積極的です。

私も接客業経験が少なからずあるので、
「売り上げ目標があるんだろうな」とか、
「声をかけないとマネージャーの目が厳しいんだろうな」と想像しますが、
正直放っておいて欲しいと思いますけどね。


6.新宿高島屋


大きな地図で見る

ここのおすすめは、フレグランスバー。
香水選びを店員さんが丁寧に手伝ってくれます。
ブルーベル系のフレグランスを中心に商品展開しています。

ここのはブランド系(アパレルブランドから発売しているフレグランス)ですので、
マス対象のカジュアルな商品が多くなります。
そのため、値段もマックスで1万円台と手を出しやすい。

私のように香水フリークでマニアックなものにしか手を出さない人よりは、
比較的初級者の方向けです。

上質な香水が欲しいけど、
でも何を買ったらよいかわからない方にはお勧めですよ。


激安の香水売り場はこちら