2013年10月28日月曜日


激安の香水売り場はこちら

【ブランデーにウッディ】バイ キリアン(By Kilian)新作香水「アップル ブランデー(Apple Brandy)」はとても深いウッディ系。


フレグランスメゾンのバイ キリアン(By Kilian)が新作、「アップル ブランデー(Apple Brandy)」をリリースします。

ユニセックスな香りで、バイキリアンのニューヨークのブティックにて取り扱い予定。

バイキリアンはキリアン ヘネシー(Kilian Hennessy)氏により設立されたブランド。
キリアン氏はこの「アップル ブランデー」を、「ビッグアップルとコニャックへの小さなウィンク」と言っています。
ビッグアップルはもちろん、バイキリアンのブティックが出店するニューヨークの事。


調香師は期待の若手ホープ、シドニー ランセスール(Sidonie Lancesseur)氏

「アップル ブランデー(Apple Brandy)」は調香師シドニー ランセスール(Sidonie Lancesseur)氏(女性)により調香されています。
直近では、以前ご紹介したComptoir Sud Pacifique(コントワール シュド パシフィック)のフレグランス5作品「Voyages en Orient(ボヤージュ オン オリエン)」シリーズの「(ボワ ロイヤル)Bois Royal」にて調香を担当した人です。
ちなみに彼女は、あの大物調香師、ミシェル アルメラック(Michel Amairac)氏に師事し2006年に調香師デビューをしています。
うらやましい。。


「アップル ブランデー」は深いウッディ系

スモークや、オーク樽の香り、シダー、ラブダナム、バニラといった、ウッディが根幹となる深い香りになります。

2013年10月27日日曜日


激安の香水売り場はこちら

【発見】D.S. DURGAの香水やレアなキャンドルを有楽町マルイのフリークストアで偶然発見


そこそこマイナーだと思っていたフレグランスメゾン、「ディーエスダーガ(D.S. DURGA)」の香水を、
有楽町マルイのフリークストアで発見しました。

ただし、D.S.Durgaの香水は1種類だけ。「ボストンアイビー(Boston Ivy)」という作品。

こちらグリーン色の強い、シトラスです。
D.S.Durgaはもともとあくの強い作品もあるメゾンですので、これは結構無難な方。
ラストは、昔はやったマリン系に近い香調に変化していきます。

まぁ夏向けというか、潮の香り、磯の香りをイメージして作られています。
マリン系がはやった事のある日本では非常に好かれやすい香りです。

D.S.DURGAは伊勢丹のビューティアポセカリで見た事はありますが、
有楽町マルイのようなマス向けエリアで見かけるとはね。
非常に嬉しいです。


つづいて、「ヒマラヤン(HIMALAYAN)」というフレグランスブランドも同じ棚で発見。

ヒマラヤン(HIMALAYAN)は、ハンドメイドへのこだわりの強いキャンドルメゾンです。
創設者のジュリア・リープハート(JULIA LEAPHART)はヒマラヤ出身。
ソイワックスです。あとアンティークっぽい感じ。おしゃれです。


さらに、同じ棚にキャンドルブランド「ルシア(LUCIA)」も!

そんなに高くなく、ソイワックス使用の安心素材で、
色々個性的な香りが楽しめます。
実物、初めて見ました。こんなところにあったんですね。

以上、何気なく立ち寄った有楽町マルイのフリークストアで偶然見つけたレア香りものでした。

2013年10月26日土曜日


激安の香水売り場はこちら

【Naverまとめました】2013年のfifi賞香水について

Naverまとめ作りました。

今回はFifi賞の香水について。

既に6月頃に発表されていたので今さら感はありますが、
改めて2012の香水業界を象徴するようなラインナップだったのが面白かったので、
まとめてみました。

Marc JacobsやTom fordなど、予想通りの作品が受賞していましたが、
これらは都内の百貨店でも発売後からかなり人気だった作品達なので、
納得の受賞だったなぁと振り返っています。

まだ4作品分しか記載していませんが、どんどん追記していきます。

香水の「世界一」fifi賞が今年も凄かった

2013年10月23日水曜日


激安の香水売り場はこちら

【濃密、変態】トムフォードのまともじゃない新作香水ついに!「タバコウード」と「ウードフルール」


トムフォードがついに新作をリリースします。

今年、サハラノワール(Sahara Noir)のリリースがあったばかりですが、これは期待せざるを得ません。

なにせメイン素材がOudです。濃密でゴージャスな香りと言えばトムフォードというくらい、
この手の香料の扱いが得意なブランドですので、期待大。


Oud woodから派生した新作。香りはユニセックス

本作、トムフォード プライベートブレンド(Tom Ford Private Blend)のラインです。
ウードウッド プライベートブレンド(Oud Wood Private Blend)から派生したこの新作ですが、
パッケージ、ボトルが上の写真の色に変更されています。
プライベートブレンドはもともと濃いブラウンだったので。


「タバコウード(Tobacco Oud)」はタバコにこだわる

ウードウッドの樹脂に、タバコや水タバコが特徴。
と言ってもどんなのか想像もつきません。
香料だけ見ても、明らかに一筋縄ではいかない、濃厚な新しい体験が出来そうです。
やはり普通の香水は絶対リリースしないお方です。
これ、女性が使えたらかっこいいですけどね。


「ウードフルール(Oud Fleur)」は女性向け

こちらもウードウッドにローズウッドを加えたものです。
ウードウッドに比べてややとっつきやすいというか、女性の使用を意識しているようです。

50mlと250mlのEDP(オードパルファム)で展開。
日本ではまだ売っていないので、
気の早い方はこちらの海外サイトにありますよ。

タバコウード
http://shop.nordstrom.com/s/tom-ford-tobacco-oud-eau-de-parfum/3623635?origin=keywordsearch

ウードフルール
http://shop.nordstrom.com/s/tom-ford-oud-wood-eau-de-parfum-decanter/3623566?origin=keywordsearch

激安の香水売り場はこちら

【ザ・ゴージャス】メゾンフランシスクルジャンの新作香水「Ciel de Gum」が男女兼用ゴージャスなフロリエンタル



超有名調香師として活躍中のフランシスクルジャン(Francis Kurkdjian)が、
自身のブランドであるメゾンフランシスクルジャン(Maison Francis Kurkdjian)にて、
新作「Ciel de Gum(シエル・ド・ガム)」を発表しました。


新作香水「Ciel de Gum」はフロリエンタル

メゾンフランシスクルジャン(Maison Francis Kurkdjian)の新作「Ciel de Gum(シエル・ド・ガム)」は、フローラル+オリエンタル=フロリエンタルです。

ロシアはモスクワの総合百貨店、「GUM Moscow(グム百貨店)」の120周年を記念して制作された逸品だそうです。

男性、女性どちらにも合うようにつくられており、
イブニングドレスのようにまとう事ができます、とのこと。


フロリエンタルのベースは「アンバー」


豪華で繊細なアンバーの香りをベースに、
ピンクペッパー、ホワイトジャスミン、バニラ、バラ、シナモンなどの香りで飾られています。
いわゆるザ・フロリエンタルな香りであり、甘くてスパイシーなので、
好きな人は相当好きかと思います。

70mlのEDP(オードパルファム)で展開中。
日本の情報はまだですね。
記念品だから海外じゃないと手に入らないかも。
新宿伊勢丹に期待したいところです。


フランシスクルジャン(Francis Kurkdjian)はゴージャスな香りが得意な調香師

ちなみにフランシスクルジャン(Francis Kurkdjian)は調香師です。
彼自身のブランド「メゾンフランシスクルジャン(Maison Francis Kurkdjian)」を運営。
過去にはジャンポールゴルチエ(Jean paul gaultier)の「ル・マル(le male)」を制作した事で有名です。

ゴージャスできらびやかな香調を基本的には得意とする人なのですが、
「アクア ユニヴェルサリス(Aqua Universalis)」といった、
シトラス基調の比較的軽やかな作品も制作していたりします。


2013年10月14日月曜日


激安の香水売り場はこちら

【テンション上がるシトラス】バーバリー(Burberry)の2013年新作香水!「Brit Rhythm(ブリットリズム)」が音楽フェスの香り。


バーバリー(Burberry)が2013年9月、メンズコロンの新作香水「Brit Rhythm(ブリット リズム)」を発売しました。
もう時期終わっちゃいましたけど…おもしろかったので紹介。


今回は音楽フェスに焦点を当てた香り


イギリスと言えばビートルズ、クイーン、セックスピストルズ、ローリングストーンズ、オアシス等々が真っ先に思い浮かびます。
音楽で有名な国の一つですよね。

このBurberryの「Brit Rhythm」は、音楽フェスティバルの観客のエネルギーをダイレクトに表現しています。


香調はシトラスから次第に落ち着く香りへ

レモンの青いフレッシュな香りからスタート。
バジルやヴァーベナといったハーブが絡み、
ジュニパー、カルダモン、インセンス、トンカビーンといったスパイシーでウッディな雰囲気がじきに現れます。
これらの香りを支えるのは、レザーとパチュリの落ち着いた重たさです。

個人的にはこれからの時期にも使えるかなと思ってます。
後半がそんなにシトラスらしくないので。

2013年10月11日金曜日


激安の香水売り場はこちら

【ちょいグルマン系】ヴィクトリアシークレットの新作香水「Victoria’s Secret Night」がやっぱりセクシーだった

ヴィクトリアシークレット(Victoria’s Secret)の新作香水、
「Victoria’s Secret Night」がリリースされます。



既にアメリカでは発売済。
日本ではまだのようです。

女性用のフロリエンタルです。
スーパーモデルの夜のお出かけをイメージした逸品です。

香り

フルーティなカクテル、フローラル、ダークウッド、ムスクがメインです。
隠し味としてはプラム、アップルなど、比較的フルーティというか、酸味も加わったような香りになりそうです。

サイズ展開は結構広く、
7mlのミニ香水サイズのパルファム、
50ml、100 mlのEDPと比較的濃度の高い商品展開です。
また、250mlでボディミスともあるようです。

2013年10月10日木曜日


激安の香水売り場はこちら

【もったりフローラル】マイケルコースの重たいフローラルを味わう新作香水。「ゴールドリュクスエディション(Gold Luxe Edition)」!


マイケルコース(Michael Kors)が新作「ゴールドリュクスエディション(Gold Luxe Edition)」をリリースしました。

こちらは2011年の「マイケルコースゴールド(Michael Kors Gold)」の別バージョンになります。


人気作だったので、バージョンを2度変え、リリース

ちなみにその「マイケルコースゴールド(Michael Kors Gold)」は、
2000年の「マイケル バイ マイケルコース(Michael by Michael Kors)」の別バージョンです。
要するに2度リニューアルしてます、というもの。

めっちゃ売れた香水をリニューアルとか○○エディションとか呼んで、
少しだけ違うバージョンにするものです。
これは海外ではよく「a flanker(フランカー)」なんていわれたりしてます。

全くの新作を、全くの名前で出すより、人気作品を少しだけ変えてリリースする方が売上が安定するからです。
もちろん、中身は全くの新作なのに、「○○edition」と冠して、
フランカーとしてリリースする場合も多々あります。


クリーミーで重たいフローラルの「ゴールドリュクスエディション(Gold Luxe Edition)」

クリーミーなフローラルです。少し重ため。
新鮮なヒヤシンスの香りがはじけるトップから、
チュべローズ、ガーデニアが絡み出します。
そしてクリーミーなサンダルウッドが残ります。

鼻腔の奥に残るようなフローラルが好きな方、ぜひお試しください。

50mlと100mlのEDP(オードパルファム)で展開。
日本ではまだまだ先でしょう。

↓海外のこちらのサイトにあったのですが、速効で売り切れ。
http://www1.bloomingdales.com/shop/product/michael-kors-gold-luxe-edition?ID=841109

2013年10月9日水曜日


激安の香水売り場はこちら

【小悪魔ピンク】ディメーター(Demeter)がかわいい女子向け新作香水「ピクシーダスト(Pixie Dust)」リリース


ディメーター(Demeter)が新作香水「ピクシーダスト(Pixie Dust)」をリリースしました。

なんだかかわいいネーミングですね。


「ピクシーダスト(Pixie Dust)」はかわいいかわいい、女の子の香り

フルーティで、お砂糖の様に甘く、軽やかな、かわーーーい香りだそうです。
pixie dustってそもそも、ディズニー映画「ピーターパン」妖精のティンカーベルが移動するときに、
後ろにきらきら舞っている、アレです。
それをイメージした香りなんです。

だから、かわいくて甘ーい、妖精になりたい女の子をイメージして制作されたような逸品ですね。
今年は「ゾンビ(Zombie)」なんてのも出していたのに、
180度ま逆に振り切りましたね。

これ、2000年代にめちゃめちゃはやったピンク系香水みたいなのが久々に来た感じです。
ピンク系というのは、パッケージもボトルもピンクで、ジューシイで甘い小悪魔系のフレグランスの事。
意外と多作なディメーターのラインナップにこれまでなかったタイプの様に思います。

15ml、30ml、120mlのコロンで展開。