2014年1月4日土曜日


激安の香水売り場はこちら

【ド渋】ブルースウィリス香水「Bruce Willis Personal Edition」がやはりウード調の香り

ブルースウィリスの香水「Bruce Willis Personal Edition(ブルース ウィリス パーソナル エディション)」がリリースされます。



ブルースウィリスは世界的な現役映画俳優

知らない人は少ないでしょう。
私もダイハードの頃から好きです。
渋くてタフなアメリカのブルーワーカーのイメージと言えばブルースウィリス、なんですよね。


香調は渋さ全開

シトラス、ブラックペッパー、タバコから、レザーやウードへと落ち着きます。
フローラルとかアンバーとかムスクとかの要素はほとんど無いものと思われます。
ド渋い感じです。


ブルースウィリス香水は2作目

前作は「Bruce Willis Eau de Parfum(ブルースウィリス オードパルファム)」です。

2010年発売。もちろん男性用。スパイシーウッディ調のフレグランスで、渋さをアピールする逸品です。
あまり短期間にドカドカ発売しないことを考えると、
長期的なブランディング、イメージ戦略の上の香水と見てよさそうです。
どのくらい売れたんだろう。


香水プロモ用の動画もつくっていた

今回のブルースウィリス香水「Bruce Willis Personal Edition(ブルース ウィリス パーソナル エディション)」
動画もあります。「Absolutely Private」のキャッチとともに、かっこよい「ザ・俳優」なイメージ動画です。
彼のファンってウェブでバイラルするのかな、てのはちと心配。


発売はLRヘルス&ビューティシステムズ社から。
50mlオードパルファムで、その他、同ラインの商品もあり。一番上の写真の様にグルーミングアイテムも付きます。
ちなみにLRヘルス&ビューティシステムズ社がドイツの会社だからか、
この「Bruce Willis Personal Edition(ブルース ウィリス パーソナル エディション)」はアメリカでも南米でも、発売されないようですね。
欧州とかアジア向けかな。